FC2ブログ

庵乃音人うずまき日記

Welcome to my blog

御朱印うずまき(42) 平安の秘仏 滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち



東京国立博物館で開催されている「平安の秘仏 滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」展を
見に行くことができた。

近江若狭地方にいらっしゃる仏さまたちのクオリティの高さは、仏像好きには周知の事実。

私も、若狭エリア、湖北エリア、大津エリアなどは、そこそこ拝観してきたつもりだが、
櫟野寺を始めとする湖南・甲賀エリアの仏さまたちとは、
(金勝寺の仏さまを除いて)お目にかかったことがなかった。

それが今回、この大展覧会で秘仏十一面観音坐像を始めとする櫟野寺の20体もの仏さまたちに
お目にかかることができたのだから、ああ、ありがたやトーハク以外の何ものでもない。

東京出開帳記念の立派な金泥御朱印も手に入ったしな。 ( ̄ー+ ̄) うひひ

メインとなるのは、もちろん秘仏十一面観音であり、もちろんこの仏さまにも見入ったが、
密かに楽しみにしていて、思った通りキュートだったのが、
こちらの毘沙門天様。

IMG_20161206_0002.jpg
(画像は展覧会で購入したポストカード)

ずんぐりむっくりな体躯、何とも茶目っ気のある愛らしいご尊顔などがすごくよくて、
多分この仏さまの前にいた時間が、庵乃は一番長かった気がする。

今年はまあいろいろとあり、
あまり仏像めぐりもできなかったけれど、
年の瀬にこの展覧会に行くことができて、何とも満ち足りた気分になれた。

頼もしきトーハク、来年は運慶の一大展覧会も開催されるとかで、これも楽しみ。

それにしても、いよいよ師走。
何だかあれこれと早すぎて、ついていけない今日この頃ではあります。
 
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
About me


さらなる「へんげ」を続けるべく、一人民族大移動敢行中。いにしえのアーリア人のように新天地を求め、官能遊牧を続けています。

庵乃への叱咤激励はこちらまでお願いします。