FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサーサイト

庵乃音人

庵乃音人

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by庵乃音人

御朱印うずまき(26) 福井・妙楽寺

庵乃音人

庵乃音人

小浜妙楽寺

小浜には仏像が見たくて行った。
どうしても見てみたい仏像がいくつかあった。

以前ご紹介した羽賀寺の十一面観音に続いては、
妙楽寺の木造千手観音菩薩立像。

かつては33年に一度だけ開帳される秘仏だったとか。
(何でもいいが「御開帳!」とか聞くと反射的に「うひゃひゃひゃひゃ」
とか笑いたくなるのは、やはり私が官能小説家だからだろうか)
平安時代の作だというが、いまだに金箔が多く残っているのは、そのためなんでしょうね。

実は私は、十一面観音と千手観音が大好き。
理由は簡単で、その異常としか言いようのないカオス的な造形美と、
だからこその近づきがたい神々しさ、震えの来るような官能性に尽きるかと。

この千手観音もすごい。
世に千手観音は数あれど、二十四面という顔を持っているのは、この観音様だけとか聞いた気が。
しかも手だって、ちゃんと1000本ある。数えてないけど。

このお寺も内陣まで入れたため、長いこと一人で観音様に見とれた。
あれほどネチネチネチネチ、ジロジロジロジロ、超至近距離まで肉薄して
観賞させてもらったのに、観音様は何一つおっしゃらず、庵乃の好きにさせてくれた。
ありがたや。
これが生身の○○だと○○○○○○○○○○○だし、それはもう鼻息○○○○○○○、だからつまり○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○(何言ってるか、全然…笑)。

それはともかく、小浜の田園風景は広々まったりとしていて、とても美しかった。
出会う人々も、みんなとても親切でした。
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最終更新日2015-08-11
Posted by庵乃音人

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。