FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサーサイト

庵乃音人

庵乃音人

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by庵乃音人

御朱印うずまき(22) 福井・羽賀寺

庵乃音人

庵乃音人

羽賀寺

小浜には仏像が見たくて行った。
どうしても見てみたい仏像がいくつかあった。

その筆頭は、この羽賀寺(北陸観音霊場第5番礼所)の御本尊である、木造十一面観音菩薩立像。

女帝・元正天皇をモデルにしたという言い伝えが残る、何というか、官能美溢れる芸術品。
何と言っても、造られた当時の朱色や緑、黒などの彩色がいまだ鮮やかに残っているのが凄い。
極彩色の十一面観音様、とでもいえばいいのだろうか。

驚いたのは、内陣まで入って見てもいいと言われたこと。
しかも、私が訪ねた時には他に誰も参拝者がおらず、私、たった一人、
誰に気兼ねすることもなく、観音様の近くまで行ってお姿、しっかりと拝見させてもらった。
ピンと空気の張りつめた聖域を、信じられないことに長いこと独り占めさせてもらえました。

うーむ、美しい。

そして、エロい(すみません、官能小説家用語としては最高最大の賞賛語です。あしからず)。
聖林寺の十一面観音に通じる神々しさ溢れるオーラが立ちこめておりました。

みうらじゅんさんに言わせると、御朱印は会いに出かけた仏像のサインのようなもの、とのことだが、さすが、うまいこと言いますね。
私もしっかりとサインをもらい、緑豊かな森の中にひっそりと佇む古寺を後にしました。

それにしても、小浜はいいところ。
道の駅に、オバマ大統領関連グッズがしこたまあったのには笑ったが。
 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最終更新日2015-08-11
Posted by庵乃音人

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。