FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサーサイト

庵乃音人

庵乃音人

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by庵乃音人

御朱印うずまき(19) 栃木・古峯神社

庵乃音人

庵乃音人

古峯神社

何だかんだと忙しくて、御朱印コレクション(という言い方が正しいかどうかは知りませんが)の
ご紹介もずいぶん間隔が空いてしまった。

ここのところちらほらと御朱印関係の記事を見に来てくださっている方もいるようなので、
亀の歩みで引き続きうずまいていきたいと思う。

古峯神社のこの御朱印は、御朱印好きの間では説明の必要もない逸品。
御朱印帳2ページに亘って書いてもらえるこちらの御朱印のこの天狗さん、なんと神職の方の直筆である。

古峯神社を訪れたのは、去年の秋のこと。
素敵な神社だと友人から聞いていて、いつか一度はと思っていたのだったが、ついに念願叶って、という感じだった。

もちろん、御朱印好きとしてはこの神社のこの御朱印は無視できない。
だが、そう簡単にもらえるものではないことも、知っていた。
何しろこの神社、御朱印が10種類以上あり、その日いらっしゃる神職の方によって、
書いてもらえる御朱印がみんな違うのである。
(ちなみに、そのどれもが実に魅力的です)

この天狗さんの直筆御朱印に憧れていた僕ではあったが、
たった一度の訪問で運よくこの御朱印がいただけるなどとはさすがに思っていなかった。

でもって、やっぱりその日、こちらの御朱印は
いただけない日であることが、訪れてみるとすぐに分かった。


ところが。


ご覧の通り、幸運にも念願の御朱印をいただくことができたのだった。
(実はいただいたのはこちらの御朱印だけではなく、ある意味これよりレアなのでは!?
という御朱印までいただけた)

なぜか。

その詳細は、ここには書かない。
ただ、3年分ぐらいの幸運をすべてこの日のこの時のために使ってしまったのでは
ないかと思える、なんというかまあいろいろと思いがけない出来事が重なり、
結果的に、信じられないほど嬉しい御朱印を手に帰途に就くことができたのであった。

それにしても、この御朱印は素晴らしい。
書いてもらうのに20分ぐらいはかかったかも知れないが、
待っている間はドキドキワクワク、御朱印帳を渡された瞬間は、感動のあまり気絶しそうになったものだ(笑)。

ちなみにこの神職の方、とってもダンディで二枚目な、素敵なかたでしたよ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

最終更新日2015-03-23
Posted by庵乃音人

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。