FC2ブログ

中邑真輔LOVE


 
圧倒的な存在感。

圧倒的なかっこよさ。

プロレスに対価を払う時、いつも私は「中邑は見ることができるのか?」を大きな基準にする。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

8月12日、竹書房ラブロマン文庫より最新長編小説発売!

まだいくぶん先の話ですが、
熱暑たけなわの頃、竹書房ラブロマン文庫さんから庵乃の最新書き下ろし長編が発売になります。

タイトルは――『兄嫁の秘めごと』。

詳細については、また少しずつこのブログでもご紹介させてもらいたいと思っていますが、
早いもので、竹書房さんから出させてもらう作品も、今回で記念すべき10作品目となります。

竹書房さんでは“誘惑SMロマンチカ”シリーズ、寝取られシリーズ、
パラレルワールドSF官能(『初恋リターン』)など、
ちょっとエッジの効いた官能小説をリリースさせていただいているわたくしですが、
記念すべき10作品目は、これまでのどの作品ともまた毛色の違う、
怒濤のエロチックロマン、庵乃なりの王道官能小説となりました。

まずは、『兄嫁の秘めごと』というタイトルで、いろいろとご想像いただければありがたいかと。

乞う、ご期待です!


 

ゆうやけ



明日は晴れ、と天気予報。

夏が、ちかづいている。

リアルドリーム文庫編集長が選ぶ夏の傑作選!




リアルドリーム文庫さん(キルタイムコミュニケーション)で夏のフェアが開催されます。

リアルドリーム文庫編集長が選ぶ夏の傑作選と題された今回のフェアは、
夏に関するさまざまなキーワード(プール、海、山、水着など)をテーマに、
暑い夏をますますホットにする作品がラインナップされた好企画。

わたくし庵乃の2012年作品『魅惑の桃尻温泉郷』も、
その栄えある一本としてチョイスしていただけました。

それにしても、これを書いてからもう3年にもなるのか…。
おかげさまでこの『桃尻温泉郷』、いまだにみなさんに
けっこう買っていただけていて、本当にありがたいです。

未読の方、この機会にいかがでしょう?
風光明媚な夏の里山を舞台に、甘酸っぱくも濃密な恋とエロスの物語が展開します。
ロッコさんに描いていただいたイラストも、とっても素敵ですよ。

よろしければ、ぜひ!


 

御朱印うずまき(25) 神奈川(箱根)・箱根大天狗山神社

大天狗山神社

箱根にこんなところがあったのかと、いささか気圧された神社。
まあ、興味を覚えたかたはご自分で足を運んでみてください。

それにしても、狭い道だったなぁ。
あんな狭いところでバスとなんかすれ違えないです、私のドライブテクニックでは(笑)。
すみません、行くことも戻ることもできずに活動停止状態になり、
あの日、あたり一帯を一時的な渋滞地獄に陥れたのはこの私です(涙)。
 

今年もまた、熱い夏がやってくるのであった…



新日本プロレスワールドで、どれぐらい配信されるのであろうか。

大画面で見られないのはちょっぴり寂しいが、
どこでも気軽に見られる新日本プロレスワールドは、やはりありがたい。

個人的にも、G1と並走するように熱い夏がまたやってくるのだが、
さてさて、今年はどうなりますか…。

PS
「どれぐらい配信されるのか」って、この予告映像の最後に告知されてましたね(笑)。
失礼しやした。いや~、楽しみだぁ♪
 

特選小説8月号特別企画!




「特選小説」さんの最新号、8月号が発売になりました。

今月は「官能作家がオススメする 淫らでそそるAV女優 DVDプレゼント」なる特別企画があり、
恥ずかしながらわたくし庵乃も、オススメ女優さんをお一人、紹介させていただいています。

それにしても、もう“8月”号かぁ…。
何だか時間が、ビュンビュン流れていきますね。

年取るわけだ。


御朱印うずまき(24) 愛知(豊川市)・善住禅寺

善住禅寺

ご住職直筆の墨字も大迫力で素晴らしければ、
御宝印、寺院印などもところ狭しのペッタペタで、
こういうのが大好きな私は、ぜひともいただきたいと、はるばる愛知まで出かけた。


車で(笑)。


はっきり言って死んだ。
多分、もう二度とそういう無謀な真似は試みまい。

しかし、それだけの価値はあったと思う、この御朱印である。
善住禅寺は、花のお寺としても有名なお寺で、四季折々、いろいろな花で楽しませてくれる。

境内には人なつっこい猫がいて、
私はずっと、その猫をかまって過ごした。

お寺にいる猫は、人なつっこいことが多い。
そしていつも、訪れた寺の境内に猫がいるのに気づいて
食べ物を持たずに訪れてしまったことを、私は悔やむのである(笑)。
 

御朱印うずまき(23) 茨城・牛久大仏

牛久大仏


初めて牛久大仏を見た時の驚きは今も忘れない。

アイルトン・セナの気分で圏央道をぶっ飛ばしていたら、突然前方に馬鹿でかい大仏が見えてきたのだ。

それはもうとてつもない巨大さ。

それが牛久大仏なるものだと知った私は、後日、所用のついでにあらためてその場を訪ねた。


IMG_5994.jpg


やっぱりでかかった(笑)。

全長120メートル(ちなみに鎌倉の大仏が台座込みで13メートルほど。奈良の大仏が15メートルほど)。
世界一高い青銅製立像としてギネスブックに登録されている、とか。

正直、鎌倉の大仏様を見た時だって、私は「で、でかい!」と驚き、感激し、バシャバシャと写真を撮りまくったものだ。
それなのに、その10倍近く……。

はっきり言って、異常なでかさ。
真下まで行って見あげてみると、首がどうにかなるのではないかと思うほどの威圧感だった。

でかければいいと言うものではないけれど、ここまででかいと、もう何も言う気にならない(笑)。

ちなみに、牛久大仏のオフィシャルサイトのトップはこんな画像。


WS000000_201506180802230d1.jpg
牛久大仏オフィシャルサイトより転載)


「写真はイメージです」と書いてあるのが笑えるが、いいたいことはよく分かる。

大仏様の中に入ると、エレベーターで地上85メートルの展望台に行けるそうです。
 

御朱印うずまき(22) 福井・羽賀寺

羽賀寺

小浜には仏像が見たくて行った。
どうしても見てみたい仏像がいくつかあった。

その筆頭は、この羽賀寺(北陸観音霊場第5番礼所)の御本尊である、木造十一面観音菩薩立像。

女帝・元正天皇をモデルにしたという言い伝えが残る、何というか、官能美溢れる芸術品。
何と言っても、造られた当時の朱色や緑、黒などの彩色がいまだ鮮やかに残っているのが凄い。
極彩色の十一面観音様、とでもいえばいいのだろうか。

驚いたのは、内陣まで入って見てもいいと言われたこと。
しかも、私が訪ねた時には他に誰も参拝者がおらず、私、たった一人、
誰に気兼ねすることもなく、観音様の近くまで行ってお姿、しっかりと拝見させてもらった。
ピンと空気の張りつめた聖域を、信じられないことに長いこと独り占めさせてもらえました。

うーむ、美しい。

そして、エロい(すみません、官能小説家用語としては最高最大の賞賛語です。あしからず)。
聖林寺の十一面観音に通じる神々しさ溢れるオーラが立ちこめておりました。

みうらじゅんさんに言わせると、御朱印は会いに出かけた仏像のサインのようなもの、とのことだが、さすが、うまいこと言いますね。
私もしっかりとサインをもらい、緑豊かな森の中にひっそりと佇む古寺を後にしました。

それにしても、小浜はいいところ。
道の駅に、オバマ大統領関連グッズがしこたまあったのには笑ったが。
 

特選小説増刊『これが官能小説だっ!【あやめ】』発売

これが官能小説だっ

特選小説さんの夏の増刊号『これが官能小説だっ!【あやめ】』が発売になりました。

掲載されているのは、特選小説編集部さんのチョイスによる傑作エロス15本。
わたくし庵乃の「真実」という短編(初出2008年10月号)も、栄えある一本に選んでいただいています。

もう8年も前の作品なのかとしみじみしつつパラパラとやると、
うーむ、がんばっております、8年前のワタシもそれなりに(笑)。

当たり前の話ですが、その時々にしか書けない作品というのはあり、
もしかしたらこの「真実」もそうした種類の作品になるのかも知れません。

夏祭りに繰り出した父親と、浴衣に装ったその美しい娘(母親の連れ子)。
越えてはいけない禁断の一線を越えてしまった二人に待っていたものとは…。

いつもお世話になっている、藤井祐二画伯のイラストもとても素敵です。

よろしければぜひ。


御朱印うずまき(21) 長野・善光寺

善光寺

7年ぶりの御開帳、終わってしまいやしたね。

所用のついで(というのも何だが)に、4月某日に立ち寄ったのだが、
平日にもかかわらず団体さんなどでおおいに混んでおりました。

回向柱に触りたい参拝客は、山門の方まで大行列。
その上、御朱印を求める人々も長蛇の列。
いろいろなところに出かけて御朱印を求めているけれど、
初めて目にする人、人、人の波は、まさに圧巻でありんした。

御朱印は、なななんと「御開帳限定しあわせ朱印セット」なるものがあり、
本堂、御詠歌、山門(文殊菩薩)、びんずる尊師、御影の5点組。
しあわせになりたい庵乃はついでにおやこ地蔵までいただいてしまいました。

もちろん御開帳された前立本尊もしっかり見てきましたですよ(遠くからしか見られませんが)。

でもって、実は郵便ファンでもある庵乃。

日本全国出かける先で、ご当地限定フォルムカードを買い求めているのですが、
当然、善光寺御開帳記念セットも郵便局でゲット。( ̄ー+ ̄)むふふ

IMG_6480.jpg

当然、風景印と、御開帳記念の小型印も押してもらいやした。

IMG_6482_20150604102253c3e.jpg

……って、単なる自慢話になってしまったな。

まあいいか(笑)。 ( ̄ー+ ̄)