FC2ブログ

庵乃音人うずまき日記

Welcome to my blog

Archive2015年03月 1/1

御朱印うずまき(20) 東京(世田谷区奥沢)・浄真寺

浄真寺を訪れたのは、紅葉もそろそろ終わりという頃だった。周囲の喧噪を遮断したような境内の佇まいは、やはり古寺ならでは。この実に個性的な御朱印は本堂内の納経所でいただいた。お面かぶりという行事でも有名な浄真寺は「久品仏」の名で親しまれている。阿弥陀堂に9体の阿弥陀如来像が置かれ、そのそれぞれの仏像の印相(手のポーズ)が違うため、こう呼ばれている。(こういう阿弥陀如来を安置してあるお寺はとても珍しく、...

  •  0
  •  0

角川文庫『妻の犯罪』発売開始&4月23日、フランス書院文庫『未亡人兄嫁・三十四歳』発売

前の記事でも宣伝させてもらった官能アンソロジー『妻の犯罪』(角川文庫)が発売になりました。官能作家6人が競作をする、熱い短編集です。ぜひお試し下さい。そして、フランス書院さんの公式サイトやネット書店さんで、早くも情報が公開されましたが、4月23日、庵乃の長編最新刊が発売になります。タイトルは――『未亡人兄嫁・三十四歳【蕩けざかり】』清楚な色香を振りまく34歳の未亡人兄嫁を中心に、主人公の弟嫁(19歳の幼妻...

  •  0
  •  1

御朱印うずまき(19) 栃木・古峯神社

何だかんだと忙しくて、御朱印コレクション(という言い方が正しいかどうかは知りませんが)のご紹介もずいぶん間隔が空いてしまった。ここのところちらほらと御朱印関係の記事を見に来てくださっている方もいるようなので、亀の歩みで引き続きうずまいていきたいと思う。古峯神社のこの御朱印は、御朱印好きの間では説明の必要もない逸品。御朱印帳2ページに亘って書いてもらえるこちらの御朱印のこの天狗さん、なんと神職の方の...

  •  0
  •  0

角川文庫官能小説傑作選第2弾『妻の犯罪』3月25日発売!

角川文庫さんから2か月連続での発売となる、官能小説傑作選。第2弾となる今回のタイトルは、妻の犯罪 官能小説傑作選 哀の性変態チックな性愛ドラマをセレクトした第1弾『Mふたり』に続き、今回はせつない恋物語に焦点を当てたアンソロジーとなっているようです。わたくし庵乃は、以前「小説野性時代読切官能文庫」(角川書店)に掲載された「妻の犯罪」という短編で参戦させてもらっています。ぜひお試し下さい。 ...

  •  0
  •  1

ADULTサンスポで『初恋リターン』が紹介されました

ADULTサンスポの人気コラム、文芸評論家の永田守弘先生による「今週の官能小説とれたて本3発」のコーナーで、拙作『初恋リターン』を紹介していただいています。永田先生、いつもありがとうございます。初めて先生とお話しさせていただいたのは、たしか僕が『とらぶるハネムーン』(リアルドリーム文庫)を出した頃だったから、もう8年も前か…(遠い目)。相変わらずのご健筆。我々若い者も(もう若くないけど)がんばらないとい...

  •  0
  •  1

リアルドリーム文庫  ジャンル別最新売上NO.1六選

キルタイムさんのリアルドリーム文庫レーベルで春のフェアが始まりました。題して――リアルドリーム文庫  ジャンル別最新売上NO.1六選「寝取られ」「女子高生」「母娘ハーレム」など、6つのジャンルで売り上げ一位を獲得した作品(2014年3月~2015年2月)を改めてプッシュしてもらえるという、作家からしても「嗚呼、ありがたや」な好企画。今回は珍しく、わたくし庵乃の作品も、「人妻誘惑」部門で一位を獲得できたそうで...

  •  0
  •  1
About this site
About me


さらなる「へんげ」を続けるべく、一人民族大移動敢行中。いにしえのアーリア人のように新天地を求め、官能遊牧を続けています。

庵乃への叱咤激励はこちらまでお願いします。