FC2ブログ

フランス書院新刊『熟女づくし』発売開始!

WS000000_20121228202349.jpg

――って、実はもう昨日あたりからAmazonさんでも「在庫あり」になってたみたいですけど。(*≧д≦)ノ

庵乃の新刊『熟女づくし 兄嫁、叔母、友人の母と7日間』(フランス書院)が発売になりました。

熟れ熟れむちむちアマアマ熟女3人を巡る、童貞少年のめくるめく筆下ろしラブロマン。
ちなみに目次をご紹介すると――

第一章 兄嫁はアソコの匂いも艶めかしく
第二章 叔母のフェラは丹念でこってりと
第三章 世界一淫らな初体験レッスン
第四章 リビングの挑発バック姦
第五章 母性愛溢れる38歳の「恋人志願」
第六章 嫉妬心と少年独占欲に駆られて
第七章 若牡を奪い合う甘美な桃源郷


フランス書院さんのオフィシャルサイト・庵乃新刊紹介ページでは、本文の「立ち読み」ができる他、今回も女優の範田紗々さんが色っぽい声で本編を朗読してくださっています。
ぜひそちらもご覧下さい。

みなさん、今回もどうぞよろしくお願いします!

●お買い求めはこちらからも●

熟女づくし: 兄嫁、叔母、友人の母と7日間 (フランス書院文庫)熟女づくし: 兄嫁、叔母、友人の母と7日間 (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
庵乃 音人

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

明日発売!フランス書院『熟女づくし』見本誌入手!

写真

寒い季節とはいえ、毎日ほんとに寒いです。
みなさん、風邪など引かれていませんか?

リアルドリーム文庫さんから上梓させていただいた『隣家と向かいの悶尻妻たち』はお楽しみいただけましたでしょうか?(お買い求めいただいたみなさん、いつも本当にありがとうございます!)

今月は、幸せなことにもう一冊、新刊のご紹介をさせていただくことができます。

明日25日(都内などは、早いところでは昨日あたりから店頭に並んでいるそうですが)、フランス書院さんから、黒本第2弾となる『熟女づくし 兄嫁、叔母、友人の母と7日間』が発売になります。

内容は、簡にして要を得たタイトル通り、主人公の少年が完熟の女体と美貌を持つむちむち熟女たちにこれでもかとばかりに愛され、癒され、作者も羨む(笑)夢のような筆下ろし体験をする熟女誘惑ロマン。

熟女好きの方、お尻の大きな女性にフェティッシュな愛おしさをお感じになる同好の士の方、決して損はさせません。一途な童貞少年とタイプの異なる魅惑の美熟女たちの燃え上がるような7日間を、ぜひお楽しみ下さい、

素敵な表紙イラストを手がけてくださったのは、前作『妻の姉【二週間の秘園】』も手がけてくださった野中昇さん。香り立つような濃密フェロモンを醸し出しつつ、楚々として美しい熟女――野中さん、今回も素敵なイラスト、ありがとうございました。

おかげさまで、黒本デビュー作となった『妻の姉【二週間の秘園】はみなさんに大変好意的な評価をいただくことができましたが、今度の新作も、庵乃編集担当Yさんと互いの熱と熱をぶつけ合い、文字通り「熱く淫らな官能物語」を誕生させることができました。

私たちの熱、きっとみなさんにもお感じいただけると自負しております。

よろしければ、応援、どうぞよろしくお願いいたします!

●明日25日発売『熟女づくし』のお求めはこちらからも!●

熟女づくし: 兄嫁、叔母、友人の母と7日間 (フランス書院文庫)熟女づくし: 兄嫁、叔母、友人の母と7日間 (フランス書院文庫)
(2013/01/25)
庵乃 音人

商品詳細を見る

リアルドリーム文庫『隣家と向かいの悶尻妻たち』本日発売!

RD102_隣家と向かいの悶尻妻たち

お待たせしました!(「待ってねーよ」とか言わないように、ってこのパターンもいい加減しつこいですね。すみません)
いよいよ本日、庵乃の新刊『隣家と向かいの悶尻妻たち』(リアルドリーム文庫)が発売になります。

今回もお尻の大きなむちむち美女に徹底的にこだわり、主人公の夢のような体験を通じて、みなさんにひとときのカタルシスをお届けできれば、と思っています。

物語の詳細については、キルタイムコミュニケーションさんの「リアルドリーム文庫公式サイト」でも紹介してもらっています。
本編の一部を立ち読みできるみたいですし、岬ゆきひろさん渾身のエロチックなイラストもお楽しみいただけます(岬さんのおかげで、さらに濃密なエロス感漂う物語になりました。岬さん、ありがとうございました)。

WS000000_20130123081654.jpg

ぜひ、こちらをご覧下さい!

みなさんの感想など、お待ちしています。
今回も応援、よろしくお願いします!

●お買い求めはこちらからも!●

隣家と向かいの悶尻妻たち (リアルドリーム文庫 102)隣家と向かいの悶尻妻たち (リアルドリーム文庫 102)
(2013/01/23)
庵乃音人

商品詳細を見る

サンスポのコラムで『秘蜜の匂い』を採り上げてもらいました!



1月9日発売のサンケイスポーツで庵乃の近作『秘蜜の匂い』を紹介していただいていたことが分かりました。

採り上げてくださったのは、官能小説評論の第一人者・永田守弘先生の人気コラム「今週の官能小説とれたて本3発」のコーナー。
このコラムは一週間遅れでサンスポさんの「ADULTサンスポ・フジ」というサイトにアップされるのですが、庵乃はちっとも知らず、昨日気づいた次第です。

永田先生、ありがとうございました!

記事はこちらです。ぜひご覧下さい!

●お買い求めはこちらからも!●

秘蜜の匂い (廣済堂文庫)秘蜜の匂い (廣済堂文庫)
(2012/12/13)
庵乃 音人

商品詳細を見る

『秘された情欲』にコメントをいただきました!

Amazonなどの通販サイトで精力的に官能小説などのレビューをされているDSKさんから、竹書房ラブロマン文庫の拙著新作『秘された情欲』についてコメントをいただきました。

DSKです。

新作は恋人の姉ですか~!
これが「黒本」だと恋人と3P、あるいはもう1人くらいヒロインが登場して4Pに発展して最後はハーレムといった予想がすぐについてしまいますが、竹書房だと結末が楽しみですね~!(^^)

相変わらずのなかなか鋭い読み(笑)。今回も複数プレイの仕掛けは随所に施しました。
ただし単なる(という言い方もおかしいですけれど)3Pや複数プレイにはなっていませんので、今回はぜひそこら辺のプレイの多彩さもお楽しみいただければと思います。

全編にわたり、「愛するがゆえのハードな調教」が展開されますが、そのほとんどすべてが“羞恥プレイ”。
「美しい高嶺の花的な女性がとんでもない状況に陥り、羞恥地獄で悶える艶やかな姿をたっぷりと楽しみたい」というかたには、お勧めの仕上がりです。

ラスト近くの大団円的な山場も、今までの作品にはなかったエロチックなプレイ(状況設定)で盛りあげていますので、ぜひお楽しみに!

竹書房ラブロマン文庫『秘された情欲』は2月5日発売です!

竹書房ラブロマン文庫『秘された情欲』、Amazonでも予約受付開始!

JK秘された情欲
竹書房ラブロマン文庫さんから2月5日発売予定の新作『秘された情欲』の予約受付が、いよいよAmazonさんでも開始されました。

編集担当Oさんの手になる内容紹介によれば――

平凡な青年の僚太はある夜、恋人の茜の姉の結夜子が満員電車で痴漢に遭うのを目撃する。
とっさに助けようとしたが結夜子は秘かに嬌声を漏らし、誰とも知れぬ男の淫らな愛撫を受け入れていたのだった…!
普段は地味な結夜子が、裏では性の刺激を求めてやまないマゾの本性を抱えていたと知り、僚太の欲情は燃え上がる。
恋人の姉を、自分だけの奴隷として、女として愛したい。しかし茜を無下に捨てることはできない―。
激情と背徳に身を焦がしながら、僚太は結夜子の調教を始める。鬼才が描くインモラル・ロマンチカ!


――ということになる本作。

うーん、インモラル・ロマンチカ。( ̄ー+ ̄) いい響きですなぁ♪(笑)

ココリコの遠藤じゃありませんが、「調教させてほちいの♪」魂全開で見目麗しき牝奴隷たちに挑んでいく主人公の、甘酸っぱい恋と調教の日々を、ぜひたっぷりとご堪能下さい!

●お買い求めはこちらからも●

秘された情欲 (竹書房ラブロマン文庫)秘された情欲 (竹書房ラブロマン文庫)
(2013/02/05)
庵乃 音人

商品詳細を見る

リアルドリーム文庫『隣家と向かいの悶尻妻たち』見本誌到着!

130112_1452~01

今月23日に発売予定の新作『隣家と向かいの悶尻妻たち』(リアルドリーム文庫)の見本誌がキルタイムさんから届きました(Kさん、ありがとうございました)。

出版業界恒例の年末進行(印刷所さんの年末年始休業の関係で進行が早くなるのです)で仕上げただけあり、まだ発売まで10日もあるというのにもう完成したようです。

どうせなら、もう発売開始しちゃいましょうよ、Kさん(ってそーはいかんか。笑)。

いつもは僕のブログで登場ヒロインのご紹介を、イラストレーターさんのイラストつきでするのが恒例なのですが、今回はありがたいことに、キルタイムさんのブログの方で早々と紹介していただいていました。

よかったら、ぜひこちらをご覧になって下さい。

http://ktcom.blog56.fc2.com/blog-entry-1756.html

今回も巨尻好きの同好の士のみなさんと「いやあ、綺麗な女の人の大きいお尻っていいですよね~♪」と盛りあがるべく、主人公の少年くんにいろいろがんばってもらいました!(`◇´)ゞ
彼の奮闘を通じて、いろいろな「お尻」との出会いをお楽しみいただけると思います。

ぜひ楽しみにお待ち下さい。
発売は1月23日。あともう少しです。
どうぞよろしくお願いします!

●お買い求めはこちらからも●

隣家と向かいの悶尻妻たち (リアルドリーム文庫 102)隣家と向かいの悶尻妻たち (リアルドリーム文庫 102)
(2013/01/23)
庵乃音人

商品詳細を見る

『秘蜜の匂い』に感想コメントをいただきました



廣済堂さんから昨年12月に上梓させていただいた(現時点で入手可能な)庵乃の最新作『秘蜜の匂い』について、恥垢帝さんからコメントをいただきました。

恥垢帝さん、ありがとうございました!

シチュエーションの奇抜さと
メインヒロインが若かったのが良かったです
いつも出てくるアンダーヘアジャングルちゃんがいなかったのが残念!
あといつも巨乳&巨尻嬢なのでたまにサブヒロインで貧乳コンプレックスなガールも登場してほしいなぁ
なんて思いました


庵乃の小説のメインヒロインは「お尻の大きな、年上の清楚でいじらしい女性」がデフォルトなので、熟女ものも多いのですが、廣済堂さんから出させていただいている、この「匂い」シリーズは、“超歳の差回春ロマン”が謳い文句。

基本的には50過ぎの中年男性が、親子ほども歳の離れた清楚な若い娘とめくるめく性愛世界にのめりこんでいく、甘酸っぱくてハッピーな官能ファンタジー、というのがコンセプトです。

ですので、そういう意味では「若いメインヒロイン好き」のかたには鉄板なシリーズかと思われます。(もちろん、リアルドリーム文庫さんでやらせていただいている「~尻」シリーズも、若い女性がメインヒロインの作品ばかりですが)

もしよければ、第一作『嫁の匂い』もお試しいただければ嬉しいです(ちゃっかり宣伝。笑)。
あ、「いつも出てくるアンダーヘアジャングルちゃんがいなかったのが残念」と書かれてらっしゃるということは、そちらもすでにお読みいただけたのかも知れませんね。

なるほど、庵乃的にはアンダーヘアジャングルちゃん大好きなのですが、同好の士のかたも意外に大勢いらっしゃるのかなぁ。
リクエストにお答えして、今後も剛毛美女、登場させますね。

それと、「サブヒロインで貧乳コンプレックスなガールも登場してほしい」というお話。

昔の庵乃は巨乳美女大好きだったのですが(巨尻はデフォルトなので言うまでもなし)、このごろはおっぱいが小さくても「いいなぁ(≧ω≦)」と思う女性多いです。

たとえばAV女優で言えば、川上ゆうさんや七瀬りのさん。
なので、「貧乳コンプレックスガール」というのも、面白そうですね! 次の企画で登場させてみようかな。

そんなわけで恥垢帝さん、感想コメントありがとうございました!
今後の作品作りの参考にさせていただきます。

みなさんもよろしければ、ぜひ感想やリクエストなど、お寄せ下さい。
お待ちしています!

●廣済堂文庫「匂い」シリーズのお買い求めはこちらからも●

若い部下との突然の二人暮らし。ヒロインの娘に激萌え保証!『秘蜜の匂い』

秘蜜の匂い (廣済堂文庫)秘蜜の匂い (廣済堂文庫)
(2012/12/13)
庵乃 音人

商品詳細を見る

息子の嫁が一時的に視力を失ったのをいいことに義父は…シリーズ第一弾!『嫁の匂い』

嫁の匂い (廣済堂文庫)嫁の匂い (廣済堂文庫)
(2012/04/14)
庵乃 音人

商品詳細を見る

2月5日発売!庵乃最新刊、竹書房ラブロマン文庫『秘された情欲』!

カバー秘された情欲 1のコピー

2月5日、竹書房ラブロマン文庫さんから庵乃の新刊『秘された情欲』が発売になります。

今日は日本中のどのサイトよりも早く(多分)、正式決定タイトルとともに、表紙画像をお届けしたいと思います。

うーむ、艶やか♪ ( ̄ー+ ̄)(笑)

ラブロマン文庫さんから出させていただく書き下ろしは今回で4作目なのですが、2作目からは「誘惑調教もの」のシリーズでお届けしています。
早い話が、ハードで凌辱テイストに溢れたSMドラマでありながら、同時にアマアマでとろとろな、甘酸っぱい誘惑ものでもあるという何だそりゃ路線です。
(ちなみに一作目の『濡れ肌未亡人』は甘酸っぱさ全開の青春ラブロマンスです)

「わけがわからん」という方も、お読みいただければ「納得!」の官能ワールド。
『やさしく躾けて』『とろける兄嫁』と、いずれもみなさんの熱いご支持をいただくことができたゆえのシリーズ第3弾。
今回は、前2作以上の怒濤の調教エロスで、主人公のあんちゃん、ヒロインの美熟女(淑やかで楚々とした美貌の裏に、淫猥なマゾ性と露出願望、せつない肉欲の疼きを秘めた年上美女)をすさまじい羞恥恍惚地獄へと突き落としまくっております。(`◇´)ゞ

好きだから、穢したくなる。
愛おしすぎるから、虐めてしまう。

男の心のなかには、そんな不思議な感情がある気がします。

心の内にひっそりと愛しい人への調教願望を抱きつつ、清く正しい社会生活を営む紳士のみなさんに、いっときのカタルシスと股間が熱くならずにはおかない興奮の官能ファンタジーをお届けしたいと思います。

いうまでもなく、今回も庵乃らしい下品な濃密エロスてんこもりです!(`◇´)ゞ(笑)

女性のお尻にフェティッシュな愛情を抱くみなさまには、特にお気に入りいただけるかと。

竹書房ラブロマン文庫『秘された情欲』は、2月5日発売です。
みなさん、今回もどうかよろしくお願いします!

●竹書房ラブロマン文庫の既刊はこちらからも!●

おかげさまで売れ行き絶好調!『とろける兄嫁』

とろける兄嫁  (竹書房ラブロマン文庫)とろける兄嫁 (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/11/13)
庵乃音人

商品詳細を見る

誘惑調教ロマン第1作『やさしく躾けて』

やさしく躾けて (竹書房ラブロマン文庫)やさしく躾けて (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/07/12)
庵乃 音人

商品詳細を見る

せつない恋と濃密エロスの物語『濡れ肌未亡人』

濡れ肌未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)濡れ肌未亡人 (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/03/13)
庵乃 音人

商品詳細を見る

今年もよろしくお願いいたします!

写真

あけましておめでとうございます。

師匠や大先輩、作家仲間や編集者さんたちへの年賀状を「平成24年元旦」で出してしまった、すっとこどっこいな庵乃音人です。(*≧д≦)ノ も、申し訳ない…

実をいうと締め切りが近い書き下ろしの仕事もあり、元旦から始動してはおりました。
うちはあまり(というかほとんど)地上波テレビというものを見ないので(WOWOWやケーブルテレビはよく見ますが)、家にいるとあまりお正月という気分がしません。

逆の言い方をすると、一年中正月みたいな暮らしをしているとも言えますね(笑)。

とはいえ、元旦の朝(関東地方は快晴で、雪を戴いた富士山もきれいに見えました)、ピリッと締まった空気のなかを近くの氏神様に初詣に出かけたときは、やはり「あぁ、新しい一年が始まったんだな」と、気が引き締まる思いがしたものです。

本年も精魂込めて、一作一作、エロくて面白い作品作りに精進していきたいと思っています。
よろしければ、どうか今年も応援のほど、なにとぞよろしくお願いいたします!

2013/01/06 庵乃音人拝