FC2ブログ

「特選小説」最新号でサイン入り官能文庫のプレゼントがあるようです



紳士のための官能娯楽誌『特選小説』(綜合図書)。

最新10月号は350号記念スペシャル号ということで、小説家の直筆サイン入り官能文庫30作を一挙にプレゼント!という大盤振る舞いの企画があるようです。

わたくし庵乃も、栄えあるその30人の一人に加えてもらい、現時点での書き下ろし長編最新作『家政婦は蜜尻女子大生』(リアルドリーム文庫)にサインをさせてもらうことになりました。

とにかく超豪華な顔ぶれの官能作家の新作・近作がずらりと一堂に会しています。
詳しいことは本誌をお買い上げいただき、ぜひご自分の目でお確かめいただければと思います。

120824_0845~01

また今月号では、文芸評論家・永田守弘先生の人気コラム「新姦紹介」のコーナーで、庵乃の近作『やさしく躾けて』(竹書房ラブロマン文庫)を採り上げていただきました。
永田先生、いつもありがとうございます!

永田先生といえば、今月号では「官能小説の30年を振り返る」という、豪華メンバーによる特別対談があり、館淳一さん、睦月影郎さん、藍川京さんとともに対談を行っていらっしゃいます。

もちろん対談時の写真付き。
永田先生ってどんなかた!?と興味をお持ちの方はぜひそちらの対談もお楽しみください。

と、すっかり「特選小説」さんの外部広報マンと化している庵乃でした(笑)。

さあ、仕事しないと。(≧ω≦)

●お買い求めはこちらからも!●

特選小説 2012年 10月号 [雑誌]特選小説 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/08/21)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

読者のみなさんに喜んでもらえたら、それが幸せなのです(≧ω≦)



現在絶賛発売中の、紳士のための官能小説誌『特選小説』9月号。

少し前の日記でも書きましたが、今月号では「贈り物」という短編で参戦させてもらっています。
予想どおり(ちなみに庵乃の予想はよくはずれます。笑)、今回の作品、読者の方からの反響がいつになく多いようです。
庵乃担当編集Hさんは、読者の方からの葉書が届くと忙しいなか、いつも僕にコピーをとって送ってくれたりするのですが(もちろん、お名前を始めとした個人情報部分は消した状態でです)、今回はありがたいことに大変評判がいいようです。

なかには、思ったとおり、西村春海さんの衝撃的なイラストに反応して「すごくよかった!」と言ってくださるかたもいらっしゃったり、僕が書いていると知ってわざわざ買ってくださり「庵乃ワールドに引き込まれ」た!と満足していただけた内容のものがあったり、作者としては編集Hさんとがっしり握手をして祝杯をあげたいぐらい嬉しいです(あ、Hさん。先日のアレが祝杯だったということで。笑。しかし祝杯の場でずっこけてちゃいけませんな。お恥ずかしい限りです(*≧д≦)ノ)。

官能作家は(「官能」に限らないでしょうけれど)、読者の方に喜んでもらえるのが最高の幸せ。
「抜けた!」「面白かった!」と楽しんでもらえたら、すべての苦労が報われます。

編集部に葉書をくださった皆さん、本当にありがとうございます。
また、未読の方はぜひ『特選小説』9月号をお試しください。

さあ、今日もがんばるぞっと!

ディーゼルマインのSさん、お元気で!

いつもシナリオを書かせてもらっている、博多の元気な同人ブランド、ディーゼルマインさん。

そのなかで事務的、経理的な仕事をずっとおやりになっていたS女史が退職されたということを知りました。

8月の予定もお聞きしていた僕としては、まさに寝耳に水でちょっとビックリ。(*≧д≦)ノ

Sさんとは月に一度、僕がお願いをした(Sさんにとっては面倒くさい)ちょっとした事務処理の件でメールをやりとりしていましたが、いつも月頭に必ず、几帳面にその事務処理をしてくださっていたSさんからの連絡メールがないため、珍しいこともあるものだと不思議に思って問い合わせたところ、退職の事実が判明したという次第です。

ディーゼルマインさんのゲームは、ダウンロード版とパッケージ版の二つがあり、パッケージ版ができあがるといつもSさんが必ずサンプルとして一本送ってくれていたのですが、Sさんはいつも事務的な礼状の最後に、手書きでちょっとしたコメントを書いて送ってくれました。

その私信を読むのも、実は僕の密かな楽しみになっていたほどです。(≧ω≦)

いずれにしても新しい人生を歩み出されたSさん。
今までありがとうございました。
どうか、お元気で!

2012/08/07 庵乃音人