FC2ブログ

範田紗々さんが『妻の姉【二週間の秘園】』を朗読してくれています!



おかげさまで売れ行き快調な『妻の姉【二週間の秘園】』(フランス書院刊)。
みなさん、本当にありがとうございます。

買おうか買うまいか、悩んでいらっしゃる方、ぜひフランス書院さんのオフィシャルサイトにアクセスしてみてください。
『妻の姉【二週間の秘園】』の一部をタレントの範田紗々さんが思わずゾクッと来る艶やかさで朗読してくれています。
ぜひお聞きいただければと思います!

また同じページでは、「読む形」でも本文の一部をチラッとご紹介しています。
併せてそちらも試し読みしていただき、購入検討の参考にしていただければ幸いです。

それにしても範田紗々さん、いいですなぁ……(*≧д≦)ノ

●フランス書院公式ページはこちら!●

http://www.france.jp/

●範田紗々さんの小説朗読が聞けるのは……●

http://www.france.jp/servlet/Satellite/f/bookdetail/1338511270897

●『妻の姉【二週間の秘園】』のお買い求めはこちらからも!●

妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

フランス書院刊『妻の姉【二週間の秘園】』本日発売開始です!



Amazonさんの方では例によって「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。」となってしまっていますが(それだけ予約が好調だったと考えていいんですかね?(≧ω≦))、フランス書院さんからの新作『妻の姉【二週間の秘園】』がいよいよ発売されました!

帯にもありますとおり「綾子35歳。若すぎる妻にはない色気が僕を酔わせ、狂わせた!」という惹句に偽りのない庵乃渾身の誘惑もの。たおやかで母性愛溢れる美熟女に思いきり甘えたいという夢想・願望をお持ちの紳士の皆さんにひとときのパラダイスとカタルシスをお届けしたいと思います。

みなさん、今回も応援、よろしくお願いいたします!

●お買い求めはこちらからも!●

妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)妻の姉【二週間の秘園】 (フランス書院文庫)
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る

竹書房ラブロマン文庫新刊『やさしく躾けて』表紙公開!

JKやさしく躾けて

7月12日、竹書房ラブロマン文庫より発売予定の庵乃の新作『やさしく躾けて』の表紙画像が完成しました!

いやー、いいですねぇ!(*≧д≦)ノ(笑)

イラストを手がけてくださったのは、「特選小説」(綜合図書さん)でも、よく僕の短編の挿絵を描いてくださる藤井祐二さん。
むちむちした30代美熟女の、とろっとろの((C)早瀬真人さん。笑)完熟感を見事にビジュアル化していただきました。
藤井さん、どうもありがとうございます!

誘惑ものでありながら、タイプの異なる様々な美女たちに「ご主人様&奴隷プレイ」を仕掛けていく主人公のエロエロな冒険の日々を描くエキセントリックな官能ドラマ『やさしく躾けて』は7月12日発売!

みなさん、ご予約の方、どうぞよろしくお願いいたします!

●ご予約はこちらからも!●

ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/07/12)
庵乃 音人

商品詳細を見る

フランス書院刊『妻の姉【二週間の秘園】』見本誌をもらってきました

120620_1044~01

関東地方に台風が接近しつつある不穏な雨と風のなか(笑)、昨日はフランス書院さんにうかがい、完成した拙著『妻の姉【二週間の秘園】』の見本誌をもらってきました。

正直、自分が書いた作品にはどれもみな思い入れがあり、それぞれの作品ごとに深く刻まれた思い出や感慨があるのですが、今回フランス書院さんデビューとなった本作も、庵乃音人のささやかな執筆史のなかで忘れられない一本になることは間違いありません。

一言で言えば超絶難産の末に生まれた一本。
庵乃担当編集Yさんの熱意と、的確で真摯なアドバイスなしにこの世に誕生することはなかったでしょう。

たかが官能小説。されど官能小説。

「何でもいいから抜けりゃいいんだ」―――まったくその通りで異論はありませんが、書店に並ぶささやかな一冊には、小説家本人はもちろん、非力な物書きをバックアップしてくださるさまざまな方々の愛や情熱や思いがたっぷりと詰まっているのです。

そんなことをチラッと頭の片隅に置いていただきながら―――思いきり抜いていただければ光栄です!(*≧д≦)ノ(笑)

フランス書院刊『妻の姉【二週間の秘園】』はいよいよあさって、6月22日発売です!

●お買い求めはこちらからも!●

妻の姉【二週間の秘園】妻の姉【二週間の秘園】
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る

拍手コメントをくださったYoshiさんへ

Yoshiさん

庵乃です。こちらのブログに移ってからも、また拍手コメントをいただいていたみたいで、すみません。

そしてありがとうございます。

ブログなんかやっているくせに、相変わらずよく把握できていないことも多く、お返事遅くなりました。

ご存じの通り、6~7月にかけては「夏の珍事」的に3冊の新刊を上梓させてもらいます。
どの作品にも趣向を凝らし、「熱」をこめて書きましたので、それぞれにお楽しみいただけると思います。
ぜひまた、応援の方、よろしくお願いいたします!

6月17日 庵乃音人

竹書房ラブロマン文庫のタイトル『やさしく躾けて』に正式決定!

7月12日、竹書房さんの「竹書房ラブロマン文庫」シリーズの一冊として発売予定の庵乃の新作のタイトルが正式に決定になりました。

今まで『ふるさとハーレム』というタイトルで予約受付が始まっていた同作の正式タイトルは―――『やさしく躾けて』。

ふだんは何食わぬ顔をして、よき妻、よき社会人を演じている艶やかな美熟女や嫁入り前の可憐な娘が、男と女の場になると「奴隷」として男に支配・君臨されることを求め、棚ぼた式に「ご主人様」に祭りあげられた主人公が、久しぶりに再会した初恋の年上美女や才色兼備の往時の美人生徒会長、隣の部屋に住む癒し系妻や中学時代の可憐な後輩に淫らな調教をほどこしながら本命の美女との恋の成就に突き進んでいくという「誘惑ものでありながら、ご主人様&奴隷プレイを通じて、魅惑の美女たちが艶やかな美貌の裏に秘めた卑猥な姿を暴いていく」という濃密エロス満載の物語。

自分の奥さんや恋人に本当はこんなことをしてみたいんだけど…と思いつつなかなか行動には移せない心優しき紳士の皆さんにいっときの夢とカタルシスをお届けできるハーレムものが完成したと自負しています。

表紙の画像は、来週半ばあたりにはこのブログでもご紹介できると思います。

誘惑ものでありながら見目麗しき美女たちを調教する楽しみも味わえる竹書房ラブロマン文庫『やさしく躾けて』は7月12日発売です!

●お買い求めはこちらからも!●

ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/07/12)
庵乃 音人

商品詳細を見る

フランス書院さんの公式サイトで『妻の姉【二週間の秘園】』情報公開!



6月22日に発売予定の庵乃の新作『妻の姉【二週間の秘園】』―――。

その情報が版元・フランス書院さんの公式サイトで他の作家さんの新作と一緒に公開されました。

当該情報には、「編集部発」→「6月8日」でアクセスできますので、興味がおありの方は、ぜひご覧ください。

●フランス書院公式サイト●

http://www.france.jp/

●ご予約はこちらからも!●

妻の姉【二週間の秘園】妻の姉【二週間の秘園】
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る

6月22日、フランス書院より『妻の姉【二週間の秘園】』発売決定!



6月22日、フランス書院さんから庵乃の書き下ろし長編『妻の姉【二週間の秘園】』が発売されます。(Yoshiさん、ようやく公にアナウンスできるようになりましたよ)

Amazonさんに掲載された紹介文によれば―――

妻の留守中、居候した義姉と始めた二人きりの生活。
若すぎる妻にはない35歳の爛熟美に悩殺される日々。
艶やかな乳房を揉みしだき、尖った乳首を吸引する浴室。
裸エプロン姿で料理する背後から抱きつくキッチン。
おねだりに応える綾子も豊麗な肉体を疼かせて……。
妻には内緒で欲望を貪り合う二週間の「疑似姉弟プレイ」!


ということになる本作。
母性愛溢れる年上の清楚な美熟女に思いきり甘えてみたい、という心優しき紳士の皆さんにいっときの夢と興奮とカタルシスをお届けできる濃密エロス満載の誘惑ものです。
いつものことではありますが、むちむちした肉感的な女性の魅惑のお尻に永遠のロマンを感じる読者の方、決して損はさせません。
ぜひご予約の方、よろしくお願いいたします!

―――というわけで、すでにお気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、6月の終わりから7月の終わりにかけて、庵乃は新作3作を連続して発表させてもらうという、珍しい事態となりました。

詳しく言うと―――

●6月22日『妻の姉【二週間の秘園】』(フランス書院)

●7月12日『ふるさとハーレム』(竹書房ラブロマン文庫)

●7月24日『家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕』(KTCリアルドリーム文庫)

うーむ。正直自分でも信じられませんし、一言で言えば「偶然」的な要素もあるのですが(笑)、いずれにしても、どの作品も、庵乃なりの「エロ魂」をこめ、現時点でのベストなものを絞りつくせるだけ絞りつくして、各出版社の庵乃担当編集者さんと二人三脚で書きあげた自信作です。

どうか「三冊も買えるか、ボケ!」とか冷たいことをおっしゃらず(笑)、全作をお楽しみいただければこれに勝る幸せはありません。
どの作品もそれぞれに趣向を凝らし、別の趣を楽しめる誘惑ものに仕上がっていると自負しています。

それぞれの作品の詳細については、おいおいこのブログでも紹介させてもらいます。

庵乃音人この夏の書き下ろし長編三連打! 第一弾の『妻の姉【二週間の秘園】』(フランス書院)は6月22日発売です!

どうぞよろしくお願いいたします!

●お買い求めはこちらからも!●

妻の姉【二週間の秘園】妻の姉【二週間の秘園】
(2012/06/22)
庵乃 音人

商品詳細を見る



ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)ふるさとハーレム (竹書房ラブロマン文庫)
(2012/07/12)
庵乃 音人

商品詳細を見る



家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕 (リアルドリーム文庫 90)家政婦は蜜尻女子大生 初恋の君と恋人の甘いご奉仕 (リアルドリーム文庫 90)
(2012/07/24)
庵乃音人

商品詳細を見る

『官能小説ベストコレクション 人妻エロス編』絶賛発売中!



「特選小説」(綜合図書)さんの増刊号『官能小説ベストコレクション 人妻エロス編』が発売になりました。
読者アンケートで特に人気が高かったという「人妻もの」15本がセレクトされた、人妻ものファン垂涎の増刊号となっています。

読者のみなさんに選んでいただけた庵乃の一本は2009年1月号に掲載してもらった「うたかた」。

人妻エロスの傑作15本がずらりと揃ったお買い得な一冊だと思います。
ぜひよろしくお願いいたします!

●お買い求めはこちらからも!●

官能小説ベストコレクション 人妻エロス編 2012年 07月号 [雑誌]官能小説ベストコレクション 人妻エロス編 2012年 07月号 [雑誌]
(2012/06/05)
不明

商品詳細を見る

「(旧)庵乃音人のブログ」のアドレスが変わりました

こちらのブログに移行する前まで更新を重ねてきたライブドアの「庵乃音人のブログ」のURLが変わりました。

新アドレスは―――

http://blog.livedoor.jp/otohito0910/

です。
今後、ライブドアの方で日記の更新をする予定はありませんが、既存の日記そのものを削除する予定も(今のところ)ありませんので、もし興味がおありの方は(あまりいらっしゃらないと思いますが。笑)、ブックマークの変更をお願いいたします。

2012年6月1日 庵乃音人